main01 main02 main04 main05

【幼稚園再開について、その他ご連絡】


 本年4月14日以降の一連の地震により、犠牲になられた方々に謹んで追悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
 避難所に退避されている方、ご自宅にいらっしゃる方、県内外のご実家などに避難された方など、様々な環境でお過ごしと存じます。私も家族も車中泊の後、避難所(近所の葬儀屋さん)、家内の実家と、転々といたしました。
 まだ、余震など予断を許さない状況が続いておりますが、敬愛幼稚園では、現在、再開に向けて準備を進めております。皆様もくれぐれも安全にお過ごしください。

園長  長友 敬一

(1) 幼稚園再開の時期について(予定)

熊本学園大学付属敬愛幼稚園の開園予定は、公立幼稚園及び小学校に合わせ、
5月10日(火曜日)予定としています。ただし、4月25日(月曜日)より5月9日(月曜日)までの開園予定時期までの平日を自由登園とし、保護者同伴で過ごす時間とさせて頂きます。

 

(2) 自由登園について

自由登園は、9:00~11:30までとなります。ご都合の良い時間に来園されてください。
いざという時の備えとして、上靴等の室内履き・帽子・名札、また水筒・タオルをご持参ください。
お子様同様、保護者の方もご準備ください。

 *期日; 4月25日.26日.27日.28日、5月2日.6日.9日
 *いちごクラスの預かり(延長保育)は行いません。
 *登降園の安全に気を付けながら来園してください。
 *第4駐車場は利用できますが、学内は危険なため通らず、学外に迂回してください。
 *避難路の確保のため、玄関前の駐車場の利用はご遠慮ください。自転車の駐輪はできます。
 *入口は、安全のために玄関のみとさせていただきます。裏門は施錠いたします。
 *ご兄弟も一緒に過ごしていただけますが、園児同様安全には十分お気を付けください。
 *避難が必要になった場合は、職員の誘導に従っていただきます。

(注意)
・お子様の様子には十分目を配り、一緒に過ごされてください。
・大学内は安全が保障されないため、決して利用されないでください。

 

(3) 園舎について

施工業者により安全点検を行い、園舎・園庭の安全は確認されております。

 

(4) 開園にあたり

開園にあたり、保護者の皆様には説明の機会を設けさせていただきます。

熊本学園大学付属敬愛幼稚園 

 


 

熊本学園大学付属敬愛幼稚園は1956年に開園し、卒園生約5,000名を送り出している熊本学園大学の付属幼稚園です。定員は140名で6クラス編成。子育て支援事業として2歳児のプレイルーム・預かり保育を実施し、特別支援教育にも対応しています。創立以来「愛する子ども愛される子ども」の理念のもと、「あそび中心の自由でのびのびした保育」「保護者とともに子育てする幼稚園」を特徴として歴史を紡いできました。敬愛幼稚園を見学された方も、まず「楽しそうに遊んでいますね」それから「優しいですね」そして「話をよく聞いていますね」と印象を語ってくれます。2012年4月に移転新築しました。大学と付属中・高等学校に見守られ、銀杏並木と多目的グランドの緑に囲まれた新園舎で、新たな敬愛の保育を創造していきます。

敬愛幼稚園の紹介

定員 教育的に適正な規模です

3歳児2クラス定員40名(各20名)
4歳児2クラス定員50名(各25名)
5歳児2クラス定員50名(各25名)
       定員140名
 

職員 全職員が全園児と顔見知り

園長1名
副園長1名
担任教諭6名
事務職員1名
非常勤講師5~7名

特別保育 多様な要求に応えます

延長保育<いちごクラス> 2:00~5:30
2歳児子育て支援<ひよこルーム> 約15名
特別支援教育 数名の非常勤講師も配置して対応しています。ご相談下さい。

就園奨励費

熊本市では、国の補助を受けて、幼稚園教育の一層の普及充実を図る一環として、認可されている私立幼稚園に在園している園児を対象に、幼稚園就園奨励費補助金が支給されます。

はぐぐみの会

幼稚園と家庭とが協力しあって、子ども達の成長を手助けすることを目的とした、保護者が中心となって運営されている会です。

親父の会(しぶしぶ会)

お父さん同士の交流を目的とした会です。

 

サークル・同好会

保護者会の会員相互の交流、また園児との交流の場として、
 ●コールけいあい(コーラス)
 ●けいあいママーズ
  (人形劇など)
 ●テニスサークル
 ●ガーデン同好会
の2サークル、2同好会によって作られています。

園長挨拶

すなおでのびのびとした子どもたちの声がいつも絶えません。あそびに工夫をこらし、楽しい時間をともだちと共有しています。そこには、経験豊かな先生達の優しい心配りが漂っています。また、大学付属ということで、さまざまな交流やサポートもあり、安心できる環境がととのっていると思います。

長友敬一
熊本学園大学経済学部リーガルエコノミクス学科教授兼任(倫理学)
著書に『現代の倫理的問題』(ナカニシヤ出版)など多数。
「長〜い友だち」として、一緒に歩んでいきましょう。