01

敬愛幼稚園の概要

熊本学園大学付属敬愛幼稚園は1956年に開園し、卒園生約5,000名を送り出している熊本学園大学の付属幼稚園です。定員は140名で6クラス編成。子育て支援事業として2歳児のプレイルーム・預かり保育を実施し、特別支援教育にも配慮しています。

創立以来「愛する子ども愛される子ども」の理念のもと、「あそび中心の自由でのびのびした保育」「保護者とともに子育てする幼稚園」を特徴として歴史を紡いできました。敬愛幼稚園を見学された方も、まず「楽しそうに遊んでいますね」それから「優しいですね」そして「話をよく聞いていますね」と印象を語ってくれます。

2012年4月に移転新築しました。大学と付属中・高等学校に見守られ、銀杏並木と多目的グランドの緑に囲まれた新園舎で、新たな敬愛の保育を創造していきます。

03

敬愛幼稚園の紹介

定 員

教育的に適正な規模です

定員140名
  • 3歳児2クラス定員40名(各20名)
  • 4歳児2クラス定員50名(各25名)
  • 5歳児2クラス定員50名(各25名)

特別保育

多様な要求に応えます

延長保育いちごクラス
2:00~5:30
2歳児子育て支援ひよこルーム
約15名

親父の会(しぶしぶ会)

お父さん同士の交流を目的とした会です。

職 員

全職員が全園児と顔見知り

  • 園長1名
  • 副園長1名
  • 担任教諭6名
  • 事務職員1名
  • 非常勤講師5~7名

就園奨励費

熊本市では、国の補助を受けて、幼稚園教育の一層の普及充実を図る一環として、認可されている私立幼稚園に在園している園児を対象に、幼稚園就園奨励費補助金が支給されます。

はぐぐみの会

幼稚園と家庭とが協力しあって、子ども達の成長を手助けすることを目的とした、保護者が中心となって運営されている会です。

サークル・同好会

保護者会の会員相互の交流や園児との交流の場として

  • ・ コールけいあい(コーラス)
  • ・ けいあいママーズ(人形劇など)
  • ・ テニスサークル
  • ・ ガーデン同好会

の2サークル、2同好会によって作られています。

園長挨拶

04
境 章 園長

すなおでのびのびとした子どもたちの声がいつも絶えません。あそびに工夫をこらし、楽しい時間をともだちと共有しています。
 生まれてから家庭の中で、家族の愛情をたくさん受け、自分専用のおもちゃ、ものに囲まれて育ってきた子ども達が初めて出会う他人との社会生活の場が幼稚園です。平成29年の新幼稚園教育要領では、幼児教育において育みたい資質・能力として“3つの柱”および「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」が示されました。本園では、創立以来「あそび中心の自由でのびのびした保育」を軸とし、この3つの柱・(5領域)10の姿を踏まえ、心と身体がバランス良く育つ保育を行いながら、将来への基礎となる力をしっかり育みます。3本の柱も5領域も小学校以上の教育にもつながっているのですが、特に3本の柱は文言もほぼ同じものが使われています。
 自分の体を存分につかって、進んで運動し、友達とかかわり、力いっぱい遊ぶ生活が子どもの生きる力の基礎になっていきます。そして子どもたちは、経験豊かな先生達の研鑽された優しい心配りに守られています。また、大学付属ということで、大学・高校・中学とのさまざまな交流やサポートもあり、安心できる環境がととのっています。

園 長境 章(さかい あきら)

熊本学園大学経済学部経済学科教授兼任
(応用情報システム論)
著書に『情報処理の知識と活用』(共立出版)など
熊本県環境審議会特別委員のCode for Kumamoto 代表

ページトップへ